対抗戦1位は新潟県!【大会23日目】いわて盛岡シティマラソン☆20201023

 

残りはあと8日。

「いわて盛岡シティマラソン2020」

iwate-morioka-city-marathon.jp

 

写真は「紅葉の毛越寺庭園」。

f:id:ichiashi:20201023213700j:plain

 

 

それでは大会23日目の途中経過をお伝えいたします。

(10月23日21:20現在)

f:id:ichiashi:20201023213758p:plain

f:id:ichiashi:20201023213837p:plain

 

男性トップが809km。(+ 0km)

女性トップが540km。(+12km)

(不明トップが643km)

 

f:id:ichiashi:20201023214013p:plain

 

 100位が312km。(+4km)

 

 

本日の私の走行距離。

f:id:ichiashi:20201023214058p:plain

10.32km キロ 9分49秒ペース

  2.76km キロ 8分56秒ペース

 

 

私の現在までの累積走行距離と順位

f:id:ichiashi:20201023214215p:plain

 

「554km」(+13km)

「12位」 ( ↑ 0 )

 

 

 

本日、いわて盛岡シティマラソン実行委員会から

途中経過についてのメールが届きました。

それによると、

・参加者7割以上の2,144名が42.195㎞を完走

・参加者全体の走行距離は290,792㎞

・平均走行距離は約96.3km

・個人の最高走行距離は約797.33km

都道府県対抗戦では1位は,平均走行距離167.6㎞で新潟県の皆様

(10月22日現在)

とのこと。

 

対抗戦の現在トップは我が地元、新潟県!!

この結果にはかなりびっくり!

というのは、ランキング上位には岩手県の選手がずらり!

そのため1位は、ぶっちぎりで岩手県だと思っていました。

新潟県のトップ選手は現在63位。

対抗戦は参加選手の平均で争うため、

新潟県の皆さんは全員満遍なく走っているということでしょう。

これは対抗戦の行方が俄然面白くなってきました。

はたして開催地岩手県の巻き返しはあるのか?

 

ではまた明日。