「スポーツクライミング 伊藤ふたば」TBS 東京VICTORY☆20201128

 

TBSで毎週土曜日朝7時に放送されております

「東京VICTORY」

f:id:ichiashi:20201127213221j:plain

www.tbs.co.jp

 

 

本日11月28日放送分のゲストは

「スポーツクライミング 伊藤ふたば」選手

futaba-ito.com

 

伊藤ふたば選手について

伊藤選手は現在18歳の高校生。 

中学2年生の時に史上最年少で日本チャンピオンに。

今年は国内大会2冠。

 

ぱっと見た感じは普通の高校生といったところですが、

さすがは日本チャンピオン。

上半身、両腕はかなり鍛え上げられています。

また、手の指紋が削れて薄くなっているとのこと!

 

 

スポーツクライミングとは?

スポーツクライミング東京オリンピックからの新競技。

日本の競技人口270万人。現在子どもから大人まで人気爆発中。

 

 東京オリンピックでは

「スピード」ボルダリング」「リード」

の3種目の複合競技として実施されます。

・スピード

 同じ条件の壁で登ったタイムを競う

ボルダリング

 複数のコースで登った課題の数を競う

・リード

 15m以上の壁で登った高さを競う

 

 

 伊藤選手のクライミングを始めたきっかけ

伊藤選手のお父様が趣味でクライミングをされていて、

自宅にあったクライミングシューズを見て、

興味を持ったとのこと。

 

 

 

未来を担うキッズ VICTORY KIDS

関川 愛音(せきかわ めろでぃ)さん

現在中学1年生。

去年のボルダリング小学生大会で全国大会優勝。

強さの秘密は驚異の身体能力。

陸上短距離の大会でも優勝。

小学3年生から専属トレーナーの指導を受けているとのこと。

 

 

キッズから伊藤選手への質問とその回答

Q.大会がない中、モチベーションをどのように上げましたか?

A.苦手を克服する時間と考えていた。

 

Q.大会前のルーティンは?

A.その場で10回ジャンプする。

 

Q.高い所を克服する方法は?

A.完登する達成感を味うことで克服できる。

 

 

東京オリンピックについては?

現在オリンピック代表が内定しているのは

男子 楢崎智亜選手と女子 野口啓代選手。

男女残り1枠を巡って日本の協会と国際連盟が係争中。

 

今の気持ちを聞かれた伊藤選手は、

『まだ完全に諦めているわけではない。

まずは東京オリンピックを目指してがんばっていきたい。

さらにパリオリンピックに向けてもがんばっていきたい。』

とのこと。

 

 

 番組を観た私の感想

実はスポーツクライミングには以前から興味がありました。

私は趣味でマラソンをしているのですが、

「体全身を使う」「体一つで行う」ところが

ラソンと共通していて、何か親しみを感じます。

 

あとは上半身を鍛えられるところ!

ラソンはすればするほど上半身はやせ衰えていくのが、

ラソン好きな私が思う唯一の残念なところなのですが、

ライミングをすれば上半身もカッコ良くなれますね!

 

さらに頭も使うところ。

コースの課題をどうクリアするか、

パズルみたいで面白そうです。

私も今度ぜひ挑戦してみたいです!

みなさんもどうですか?

 

 

伊藤ふたば選手インスタグラム

https://www.instagram.com/futaba_ito/

 

日本山岳・スポーツクライミング協会 

www.jma-sangaku.or.jp