『母からの電話。潟上で見た夕焼け。』本州縦断フットレースSPECIAL 3日目(後編)★20210426

 

 

世界最長のマラソン大会(1ステージレース)
『本州縦断・青森~下関1550kmフットレース2021〈SPECIAL〉一斉スタート』

大会3日目(2021年4月26日)

【道中記】

今回は大会3日目の後編(完結編)。

前回までの話(2日目、3日目の前編、中編)の続きとなっておりますので、

まだご覧になっていない方は、ぜひ以下の道中記を先にご覧ください。

ichiashi.hatenablog.com

ichiashi.hatenablog.com

ichiashi.hatenablog.com

 

では続きをどうぞ。(ちょっとだけ巻き戻ります。)

 

 

3日目の58km地点:16時00分

能代市を過ぎ、三種町へ。

眼前に広がる大潟村の田園風景と、その先に見える男鹿半島

そんな景色を見ながら先に進みます。

f:id:ichiashi:20210918121736j:image

 

 

目的地の秋田市街地まではまだ30km以上。

ただ脚の状態は良かったため、

電車は利用せずこのまま進むことにします。

道の駅「ことおか」に寄り、今晩の宿泊先へ連絡。

チェックインは24時までとのこと。

あまり余裕はありません。先を急ぎます。

 

八郎潟町五城目町を通過していきます。

 

 

3日目の70km地点:18時00分

井川町にある「井川さくら」という

人名のような駅の前を通過。

潟上市(かたがみし)に入ります。

f:id:ichiashi:20210918101500j:image

 

あたりがだんだんと暗くなってきて、月が浮かび上がってきました。

秋田市街地まではまだ20km以上あります。

この先はちょっとした山を越えなければならない様子。

ライトを取り出し、夜間走の準備を整え走り出します。

 

 

ここで不意に電話が鳴ります。

見ると母の携帯から。

今朝メールでやり取りしたばかりなのに、今度は何だろう?

と思いながら電話に出ます。

 

『もしもし?』

 

電話に出ると、車の走る音などが聞こえます。

どうやら母は外から掛けている模様。

そして母は、開口一番こんなことを言います。

 

「今ね、お父さんがいちあしのこと見たって言うんだけど、今どの辺にいるの?」

 

 

 

 

俺のことを見た?

 

 

・・・。

 

 

 

父と母は秋田にいる!!

 

 

一瞬考えて、どういうことかすぐ理解しました。

つまり、心配で秋田に行こうと思ったけれど、

来なくても大丈夫と言われ一旦は秋田行きを取りやめたものの、

やっぱり秋田まで父と母で車で来て、たった今偶然にも私らしき人が走っているところを見かけた、ということです。

 

『潟上市に入ったところで、山みたいなところにいるよ。』

と答えます。

 

すると母は、

「紺色の上着を着てるでしょ?やっぱり!

お父さんが、走っている後ろ姿を見て『あれいちあしだ、間違いない!』

って言うものだから。」

と言います。

 

どうやら本当に2人で新潟から秋田まで来たようです。

 

この先で車を止めて待っているとのことだったので、

どこか半信半疑のまま走って進みます。

 

すると本当にいました。父と母です。

コロナの影響で久しく会えてなかったのですが、

まさかの秋田県での再会です。

 

そして心配して新潟の実家からわざわざ持ってきてくれたシューズを受け取ります。

「ミズノのウエーブライダー」。

2年前に舞鶴から新潟までのR8ルートを完走したときに履いていたのと同じモデル。

早速履き替えます。

f:id:ichiashi:20210918132833j:image

 

 

時間に余裕がないので、久しぶりの再会もそこそこに両親とは別れ、走り出します。

 

両親によると、ここ秋田まで来る途中で他の選手も5、6人ぐらい見かけたとのこと。

みんな今この瞬間も下関に向かって走っているんだなと改めて実感し、

うれしくなり力が湧いてきました。

 

潟上市の空にはとてもきれいな夕焼けが広がっていました。

f:id:ichiashi:20210918094602j:image

 

 

 

3日目の80km地点:19時40分

ほどなくして秋田市に入ります。

しかしここからが長かった!

あとは線路沿いに7号線を真っ直ぐ行き、

「土崎臨海十字路」という交差点を曲がるだけなのですが、

その交差点がなかなか出てこない!

辺りはすっかり暗くなり、気温も下がってきました。

宿泊先のチェックイン時間も気になります。

ライトを握りしめ、走って進みます。

 

やっと交差点に着いたと思ったら、

そこからさらに秋田県庁、秋田市役所のある市街地まで行かなければなりません。

本日の想定距離92kmはもう超えています。

荒くなる呼吸。

今日がもう大会最終日で、最後渾身のラストスパート。

意図せずそんな感じになってきました。

 

 

3日目の97km地点:23時09分

そしてようやく今日の目的地、

秋田県秋田市の

「CP5.市街・山王十字路交差点(179.7km)」に到着。

f:id:ichiashi:20210918101550j:image

 

セブンイレブンで晩御飯を購入し、

すぐ近くの「ホテル・アルファイン」に無事チェックイン。

部屋はウイークリーマンションのような1Kタイプ。

とても広い部屋に広いベッドで快適でした。

 

両親に無事目的地に着いたことを報告し、

ブログを更新して、とても長かったこの日は終了。

ichiashi.hatenablog.com

 

 

それにしても、よくもまあ偶然出会えたものだと。

たしかに今日、北秋田市から秋田市に向かっているのは両親も知っているけれど、

能代経由になり、予定より大幅に遅くなっていることはもちろん伝えていません。

両親によると、7号線をずっと車で走っていれば会えるのではないかと思ったとのこと。

来るなら来るで、連絡くれたらいいのに!と思いますよね(笑)。

 

なんでも、両親は潟上市を越えて八郎潟町まで行ったところで、

「いくらなんでもこの時間でここまで来ていないということはない。

きっとどこかですれ違ったんだろう。」

ということで、潟上市側に引き返したそう。

まさにその直後に、私を後ろから見つけたとのこと!

 

しかもしかも、その見つけた場所というのが、

私がコースを間違えて少し遠回りになったところ(オレンジの印)。

本来は水色の道を進むつもりでした。

もしこのとき私が道を間違えずに進んでいたら、

両親には会えていなかったことになります!

f:id:ichiashi:20210918144032j:plain


以上、突然の能代経由のルート変更と、道を間違えたことによる

偶然が重なって起きた奇跡のような秋田での再会のお話でした。

 

 

それにしても、シューズを持って秋田までって・・・。

運動会に運動靴を忘れた小学生じゃないんだから、

と思ったものの、実際とても助かり、

無事秋田市まで走ることができました。

どうもありがとう。

 

 

【本日の走行ルート(実績)】

秋田県北秋田市~能代市~三種町~八郎潟町~五城目町~井川町~潟上市~秋田市(97km)

f:id:ichiashi:20210918151734j:image

 

 

【走行記録(ガーミンコネクト)】

「3日目(2021年4月26日)鷹巣~秋田」

 天候  :晴れ

 気温  :最高28℃、最低13℃ (腕時計で計測)

 出発時刻:05時37分

 到着時刻:23時00分

 走行距離:97.25km

 走行時間:17時間23分17秒

 ペース :キロ10分44秒

 累積高度:479m 

 ガーミンコネクト 走行データ:

https://connect.garmin.com/modern/activity/6675782793

f:id:ichiashi:20210918110241j:plain

緑:高度、グレー:気温 

f:id:ichiashi:20210918110304j:plain

f:id:ichiashi:20210918101634p:image
f:id:ichiashi:20210918101630j:image

 

 

【コース紹介(Relive動画)】

www.youtube.com

 

 

【攻略ポイント・反省点など】 

本州縦断に挑戦される方で能代経由を選択する方はまずいないかと思うのですが、

せっかく通ってきましたのでいくつか注意点を。

まず北秋田市は気温が低くなります。特に朝。私の時は0℃でした。

 

道の方は全行程で基本、歩道があり、コンビニ等もあるので通りやすかったです。

ただ東能代手前の鶴形あたりは歩道が無かったので注意が必要です。

 

能代に出てからはルートがたくさんあり、迷うところです。

最短は東能代手前から森岳に抜ける4号線でしょうか。

ただせっかく能代経由にしたのならば、東能代駅、能代駅には立ち寄りたいところ。

ぜひあなたもスラムダンクごっこをして楽しんでみてください。

 

私は芝童森交差点から南下しましたが、歩道があり歩きやすい道でした。

三種町の鹿渡駅手前あたりで歩道がなくなるのですが、

国道に沿った裏道があるのでそちらを利用しましょう。

 

あと私の時は北西の風がとても強く、斜め後ろからだったのでよかったのですが、

向かい風だと最悪だと思います。

 

秋田市内は歩道も広く、夜間でも心配はないでしょう。

この区間はゆるい下りがずっと続きます。

リバースに挑戦される方はがんばって進んでください。

 

反省点としては、

北秋田市から秋田市までの97kmはさすがに遠すぎましたね。

結局このときの疲労で、翌日から思うように進めなくなりました。

体力の残っていた2日目に能代まで進んで、3日目に秋田市まで。

同じ能代経由でもこうすればだいぶ楽だったのではないかと思います。

 

 

【各選手のチェックポイント到達状況】

※3日目(2021年4月26日 23時59分時点)

「CP8.山形・新潟県境」333.7km

1.No.11 林原選手  18時17分

2.No.2   倉井選手  19時49分

「CP7.酒田市役所前」281.1km(山形県酒田市)

3.No.7   竹内選手  14時43分

4.No.12 原選手      16時11分

5.No.3   小島選手  22時50分

6.No.15 濱田選手  22時57分

7.No.9   奏選手      23時16分

「CP5.市街・山王十字路交差点」179.7km

8.No.14 吉澤選手  21時21分(4月25日)

9.No.5   高品選手    4時53分

10.No.10 野田選手  6時28分

11.No.6   武井選手  7時46分

12.No.13 松本選手  8時38分

13.No.8   中畑選手 13時03分

14.No.1   いちあし選手  23時09分

 

3日目にしてトップが交代!

1位に躍り出たのは、

ミスター本州縦断」ことNo.11 林原選手。

その後をNo.2 倉井選手が1時間半差で追いかけます。

4位には「川の道フットレース王者」No.12 原選手が浮上。

3位までこちらも1時間半差。

No.9 奏選手までが3日目でCP7まで到着。

No.5 高品選手が9位に浮上です。

14位のNo.1 いちあし選手は前の選手との差が10時間とさらに広がりました。

 

選手紹介はこちら↓

ichiashi.hatenablog.com

 

 

【Instagram、Twitterもぜひ】

インスタグラム随時更新中。

ブログの更新に合わせて未公開写真もアップしていきます。

https://www.instagram.com/ichiashi1521/?hl=ja

 

ツイッターもよろしくお願いします。

私の普段の練習の模様などを公開しております。

当ブログの更新情報もお届けいたします。

twitter.com

 

 

今回の私の挑戦を応援して頂いております東京メールサービス様。

ichiashi.hatenablog.com

 

遺伝子分析サービス『カラダ未来図』取り扱い中です!

ichiashi.hatenablog.com

 

 

【次回予告】

ない!
無い!!
あるはずの物がどこにもない!
まさか、そんな馬鹿な!?

 

次回 本州縦断フットレースSPECIAL 4日目

『コンビニがない!象潟の悲劇。』

 

 

応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ