『糸魚川で600km振りの再会!親不知での別れ。』本州縦断フットレースSPECIAL 10日目(前編)★20210503

前回の記事はこちら↓

ichiashi.hatenablog.com

 

世界最長のマラソン大会(1ステージレース)
『本州縦断・青森~下関1550kmフットレース2021〈SPECIAL〉一斉スタート』

大会10日目(2021年5月3日)

【本日の走行ルート(予定)】

直江津駅(新潟県上越市) 4:00-魚津駅(富山県魚津市)18:00    83km

f:id:ichiashi:20211127121700j:plain

(大会コースマップより抜粋)

 

※新潟県糸魚川市の海駅~市振駅は、

大会ルールにより車両利用による移動(安全確保のため)。

 

進行方向図 前半。画像下が東側で上越市。上が西側で糸魚川市青海駅まで。

(画像下の黄色いグラフは高低差。)

f:id:ichiashi:20211127125008j:plain

 

進行方向図 後半。画像下が東側で青海駅。上が西側で魚津市。

(画像下の黄色いグラフは高低差。)

f:id:ichiashi:20211127125256j:plain

直江津駅前を出た後、ひたすら海岸線沿いを進むコース。

 

【道中記】

今日の目的地は83km先の魚津駅。

そしてこの区間には全コース1550km中で唯一、

車両での移動が義務付けられている」箇所がある。

青海駅~親不知駅~市振駅間だ。

 

この国道8号線の親不知と言えば、全国屈指の交通の難所。

日本海の海岸の断崖絶壁にかろうじて作られた道路のため、

道が大変狭く、歩道、路肩が全くない

また迂回路もなく、新潟~富山間を車で移動するにはこの国道8号か高速道路を通るしかない。

そのため大型トラックがひっきりなしに走行している。

 

というとても危険な箇所のため、この区間だけは

大会ルールにより車もしくは電車で移動することになっているのだ。

 

 

まず目指すは「青海駅(おうみえき)」。

 (東京都江東区のゆりかもめの駅は「青海駅(あおみえき)」。

  アイドルさんが間違えることで有名なのは東京都青梅区の「青梅駅(おうめえき)」。)

 

ここ直江津駅からは約50km。

1km10分ペースとして8時間30分ぐらいかかると予想。

時刻表を調べたところ、お昼の時間帯だと

・11時57分

・13時17分

・13時53分

・15時46分

とある。

11時57分はさすがにきついので、

できれば「13時17分」。

間に合わなければ「13時53分」厳守で行くことに。

13時に青海駅到着ならば、出発はその8時間30分前の4時30分となる。

 

 

ということで本日は4時過ぎにホテルを出発。

 

10日目の0km地点:4時14分

直江津駅と月。

f:id:ichiashi:20211127143209j:image

 

 

10日目の4km地点:4時54分

ここ上越市から糸魚川市までは、全長約32kmの

「久比岐自転車道」を通っていきます。

国道8号に沿って走る自転車と歩行者の専用道路となっています。
f:id:ichiashi:20211127143214j:image

www.pref.niigata.lg.jp

 

 

10日目の9km地点:5時45分

後ろを振り返ると朝陽が。

直江津の街並みが浮かび上がっています。
f:id:ichiashi:20211127143205j:image

 

 

10日目の13km地点:6時20分

視界の右側いっぱいに日本海が広がります。

こんな絶景の中を進んで行きます。
f:id:ichiashi:20211127143202j:image

 

こまめに時計を確認し、1キロあたり10分から10分30秒の間になるよう、

走りと歩きを混ぜて調整しながら進みます。

今日は電車の時間が決まっているため、遅れたら大変です。

 

しかし今日は実に快調。

昨日は夕方の早い時間で進むのを終えたことにより、

疲労がとれ、ようやく本来のリズムの朝方に戻すことができました。

 

 

10日目の27km地点:8時50分

 

とここで、前方から1人のランナーの方が走ってきました。

地元の方かなと思っていると、

「いちあしさんですか?」

と声を掛けて下さいます。

なんとNo.8 中畑選手のサポートのTさんです!

 

Tさんは大会前に私のブログを見つけてくださり、

事前にご丁寧に連絡を下さっていました。

この日が初めましてということで挨拶をしまして、

ここからしばらく話をしながら一緒に走ります。

 

ブログも読んでくださっているそうで、

とある記事が「とても心に響きました!」と言っていただけました。

ブログを褒められるなんて初めて。

これまで書いてきてよかったなと思いました。

 

そしてTさんは「中畑選手のところに行ってきます!」といってここで一旦お別れ。

その中畑選手。なんと現在私より後方にいるとのこと。

私が今朝4時に出発したことにより、いつの間にか追い抜いていたようです。

大会初日からずっと最後尾を独走していた私ですが、

10日目にして初めて最後尾を脱出したことになります。

自分より後方に選手がいるのがなんとも不思議な感覚になりながら、先に進みます。

 


10日目の33km地点:9時51分

日本海越しの黒姫山
f:id:ichiashi:20211127143211j:image

 

走って前に進んでいると、不意に後ろで声がして人が目に飛び込んできました。

No.8 中畑選手です!!

大会初日のスタート直後以来、実に10日ぶり。

とても元気そうです。

 

これまでにあった出来事などお互いに話しながら走って進みます。

中畑選手からは秋田の五城目の旅館での話など。

私は2日目にして足を痛め、リタイアも考えた話などをします。

今はもう足も大丈夫というと、

中畑選手は

「どこか痛いのはみんな同じ。でも進んでいると怪我も治るから辞め時がわからない。」

と笑って話します。

なかなかに凄い話、凄い世界です。

 

そして中畑選手は意外なことを話し始めます。

なんと今大会、スペシャル版としての完走は諦め、

ここからは通常版としての完走を目指すとのこと。

今回のスペシャル版の制限時間は23日半。

対して通常版は30日間。

現在の体力から考え、23日半ではゴールできないと判断したそう。

事前に予約していた宿泊先も全てキャンセルしたとのこと。

 

今見ている限りではとても元気そうで、しっかりと走れているのに、と驚く私。

ただここに来るまでにはやはり相当な困難があったのでしょう。

そしてまた、10日目というまだ早い段階での軌道修正の決断に感心させられました。

制限時間でのゴールにこだわり無理しそうなところを、

冷静に状況を分析できているからこその今回の判断。

すごいです。中々できることではありません。

 

そして話題は私のブログのことに。

実は中畑選手。

今大会への参加のきっかけはなんと私のブログを見てとのこと!

本州縦断フットレースは以前からご存知だったそうですが、

今回の一斉スタートのスペシャル版の存在は私のブログで知って、

その翌日にエントリーしたとのこと。

こちらが中畑選手を地獄に引きずり込んだ(笑)、その記事↓

ichiashi.hatenablog.com

 

中畑選手に「責任取ってください!(笑)」と言われてしまいます。

 

そして他の記事も褒めて下さいました。

こちらの記事がお気に入りのご様子。

ichiashi.hatenablog.com

 

C部長かっこいい!という話になり、

ブログの才能あるね、なんて言っていただきました。

もちろんお世辞もあるでしょうが、やっぱりうれしいものです。

一生分褒められた気分です。

 

こんな感じで中畑選手、Tさんと3人で話しながら走って進んで進んで行きます。

 

f:id:ichiashi:20211127143438j:plain

(撮影:Tさん) Tさん自身も200kmの大会を完走されたことのあるすごい方!

 

 

 

10日目の45km地点:11時53分

姫川から見る黒姫山
f:id:ichiashi:20211127143220j:image

青海駅まであと5kmというところでアクシデントが。

少し前から痛んでいた左足首の痛みが強くなります。

中畑選手に先に行ってもらうよう伝え、ゆっくり歩いて進みます。

 

しばらくすると、前方の中畑選手がドラッグストアに立ち寄る姿が見えます。

電車時間も迫ってきているので、ここは1人で先に進みます。

 

 

10日目の48km地点:12時35分

青海駅まであと少し。

そろそろ中畑選手が追い付いてくる頃かと思い、

後ろを振り返ります。

 

するといました。

黄色い大会ゼッケンを付けた人が歩いている姿が見えます。

しかし格好が違います。中畑選手ではありません。

ゼッケンをよく見ると、12番!

なんと原選手です!!

 

原選手もこの辺りにいると中畑選手から聞いてはいたのですが、

まさか本当にここで会えるとは!

 

ここで原選手とそのサポートの方と合流し、一緒に青海駅に向かいます。

 

 

10日目の49km地点:12時46分

「CP13.青海駅前(~市振駅前/車両利用)(607.6km)」(新潟県糸魚川市)に到着。

 

No.12 原選手と記念撮影。

f:id:ichiashi:20211127174315j:image

(撮影:原選手のサポートランナーの方)  撮影、ありがとうございます!

 

電車が来るまでの間、しばし原選手と話をします。

 

とここで、原選手が思いもよらないことを話し始めます。

「次のチェックポイントでリタイアします。」

とのこと。

 

『・・・。』

 

驚きのあまり言葉を失う私。

原選手と言えばあの「川の道フットレース」のチャンピオン。

それなのにまさかここで・・・。

 

聞くと、どうやら足を怪我してしまい、計画通り進めるのは厳しいとのこと。

原選手は今大会に挑戦するにあたって、休暇の都合で挑戦できる日数が限られており、

そのため序盤からかなりのハイペースで飛ばしていたのでした。

この後もペースを落とせば進めるが、

それでは休暇が終わってしまうということでのリタイアの判断だそうです。

 

原選手ほどのランナーがここでリタイア。

おそらく今の状態でも私より全然速く走れるはずなのに、

そんな原選手がリタイアで、遅い私が先に進む。

何とも言えない理不尽さを感じてしまいます。

 

 

とここで、中畑選手も到着しました。

3選手揃ったということで、写真を撮ろうという話になります。

実は中畑選手、原選手と私いちあし。

全くの偶然にも、大会スタート直前に3人で記念撮影した仲なのでした。

f:id:ichiashi:20211127143536j:plain

(中畑選手のブログより転載)中畑選手、写真お借りします!

 

スポーツエイド・ジャパン様のフラッグを撮影しようと私が1人でいたところ、

2人が声を掛けて下さり一緒にパチリ。



それから9日後。

スタート地点の青森駅から607.6kmの距離を越えて、

ここ新潟県糸魚川市青海駅での3人の奇跡的な再会。

f:id:ichiashi:20211127110422j:image

(撮影:Tさん) Tさん、ありがとうございました!

 

このときのことは中畑選手もご自身のブログで書いてくださっています。

アーカイブ :2021年07月05日 バックパックを背負って!

 

 

 

電車の時間が来ました。

中畑選手とTさんは車で移動。

私は原選手、サポートの方と一緒に3人で市振駅まで電車で移動です。

サポートの方には「本州縦断なんてすごいな~。」と言っていただきました。

でもそういうその方も、足元はなんとワラーチ!

脚の筋肉の付き方からしても相当な実力の持ち主と見受けられます。

 

 

大会ルールにより「親不知」を電車で通過:13時22分

f:id:ichiashi:20211127185943j:image

 

電車内でのこと。

偶然居合わせた制服姿の地元の学生の方がこちらの3人組に気付くと、

チラチラと見てきます。

そして原選手に何やら声をかけています。

どうやら本州縦断フットレースのことを知っているらしい!

そんな学生さんに原選手が爽やかな神対応で応えています。

さすがはチャンピオン!王者の風格です。

私もあんな風になりたいものです。

 

 

市振駅に到着。

ここから次のチェックポイントまでは1kmあまり。

私は荷物の整理がしたかったので少しここに留まり、

原選手とサポートの方に先に行ってもらいます。

 

少し経って駅を出ると、チェックポイントで折り返してきた

原選手とサポートの方、そしてTさんがいます。

 

3人とはここでお別れです。

原選手とは大会スタート前に少し話させてもらったのですが、

その時にとても優しく接してくださったのが印象に残っています。

今日と合わせて大会を通してとても長い時間一緒にいた気がします。

「また大会でお会いしましょう!」

と言ってお別れです。

 

Tさんはとても礼儀正しく、気遣いの出来る素晴らしい方。

そして友人である中畑選手のために全力でサポートされていました。

中々できることではありません。

ここ糸魚川でお会いできて本当に良かったです。

中畑選手と3人で一緒に走ったのは本州縦断フットレースでの大切な思い出です!

 

 

後編につづく。

 

 

「No.8 中畑選手のブログ」です。  ぜひご覧ください。

本州縦断フットレースについてはこちら ↓

gakuto2164.blog85.fc2.com

トップページはこちら ↓

gakuto2164.blog85.fc2.com

 

 

 

「親不知」についてはこちら

niigata-kankou.or.jp

 

あのタモリさんもブラタモリで訪れて下さいました!

(2021年11月27日放送分)

www.nhk.jp

 

 

 

選手紹介はこちら↓

ichiashi.hatenablog.com

 

ツイッターもよろしくお願いします。

現在、フルマラソン3時間半切りに向けて練習中です!

twitter.com

 

 

今回の私の挑戦を応援して頂いております東京メールサービス様。

ichiashi.hatenablog.com

 

遺伝子分析サービス『カラダ未来図』取り扱い中です!

ichiashi.hatenablog.com

 

 

【次回予告】

糸魚川、親不知での出会いと別れ。
それはとても大きな勇気と希望を与えてくれた。
しかしその感動を打ち砕く出来事が密かに忍び寄る。
そしてついに、その時が。

 

次回 本州縦断フットレースSPECIAL 10日目 後編

『富山入り目前、ついに訪れたアクシデント。』

 

ichiashi.hatenablog.com

 

応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ