「激レアさん」年俸120円の現役Jリーガー☆20200719

 

テレビ朝日で毎週土曜日に放送されている

「激レアさんを連れてきた。」

www.tv-asahi.co.jp

私はこの番組が大好きで、毎週欠かさず観ています。

 

どういう番組かと言いますと、

珍しい体験をした方をスタジオに招いて、

その時何が起きて、どう行動したのか、

面白おかしくイジりまくりながら話を聞いていくというもの。

出演者はオードリー若林、弘中アナ。

 

これまでに、

 ・『13歳で家を飛び出したらそのまま飛び出しっぱなしで

   【43年間も行方不明】だった人』

 ・『小学校に「6日しか通わなかった」ので嘘みたいに

   何も知らなかったけど、スーパーのアルバイトから

   【社長】にまで上り詰めた人』

などなど、ウソみたいなホントの話が毎週どんどん出てきます。

 

 

私が今までで一番おもしろいと感じたのが、

2019年6月15日に放送された、

『24時間マラソンで優勝しまくっているイシカワさん』。

どんなに走っても全く疲れない怪物ランナーとして紹介され、

これまでに出場した大会の模様や普段の練習内容。

世界最難関レース「スパルタスロン」で優勝した時の様子が放送されました。

 

こちらのイシカワさんこと石川佳彦選手。

42キロのフルマラソンを超える、ウルトラマラソンの世界では

世界的に有名な超一流アスリート。

私は正直NHKなどのドキュメンタリー番組でしっかり

石川選手を観たかったなと思ったのですが、

この激レアさんではそんなイシカワさんをイジりまくります。

 ・「100km以上走らないと実力が発揮できない特殊なタイプ」

 ・「平日 30km走→勤務→30km走」

 ・「休日 30km走→デート→30km走」

などなど、彼の普段の生活の様子を紹介していきます。

 

すると番組序盤では物静かだったイシカワさん。

収録も後半になりやっとエンジンがかかってきたのか、

イシカワ理論を語り始めます。

 ・「疲れ」というのは「脳の疲れ」

 ・「疲れたと思う脳に勝っていく」

 ・「人間の脳は2%しか使っていないため、残りの98%はボクじゃない」

 ・「トータル ボクじゃない」

このあたりのやり取りがとってもおもしろかったです。

イシカワさんの人柄もとってもよく伝わってきました。

ただのドキュメンタリーではなく激レアさんならではでしょう。

 

 

さて、そんな「激レアさんを連れてきた。」

昨日7月18日に放送されたのが、

「年俸120円の現役Jリーガー」でした。

 

まず「年俸120円」という金額が衝撃的ですが、

もっとすごいのが39歳までは普通の会社員だったということ。

そこからJリーガーを目指しトレーニングを始め、

翌年見事プロ契約を勝ち取ります。

そしてそのさらに翌年、41歳にして念願のJリーグデビューを果たします。

Jリーグ最年長デビュー記録の更新です。

 

このアビコさん。

会社員時代の年収なんと1000万円!

しかしJリーガーを目指すにあたり、その会社を即退職します!!

しかもその時、貯金はゼロ!!!

もうね、大バカですね。

 

それにしても一体、何が彼をそうさせたのか。

 

アビコさんには、

15年前の「プロになるためのトライアウトで実力を出せなかったこと」と、

その後15年間「自分をごまかしウソを言い続けてきたこと」への

後悔情けなさがずっとあったそうです。

 

39歳で運動不足解消のために通い始めたスポーツジムで、

トレーナーに自分の筋肉を褒められ、封印していた思いが爆発。

トイレの鏡で自分を見ながら号泣。プロになる決心をします。

 

 

ここですよ、ここ!!

40歳で実際にプロになることも言うまでもなくすごいんだけど、

この15年間ずっと心にあった後悔情けなさ

それらを晴らすべくプロになる決心をし

実際に行動を起こし始める

 

この心の動きとその後の行動に私はとても惹きつけられるのです。

 

 

 

アビコさんは見事に自分の人生を変えられたようです。

私もアビコさんに負けないよう、自分の人生を変えようとがんばっております。

もちろん、私の場合はJリーガーなんてとてもとても・・・。

 

それでも自分の人生。人と比べる必要なんてありません。

私には私の道があります。

 

私は本州縦断フットレースに挑戦します!

 

このブログをご覧の皆様に応援していただけたら幸いです。