一年後の明日、青森から下関まで走ります!!

一年後の明日、青森から下関まで走ります!!

2021年4月24日、本州縦断フットレースに挑戦します!

note、始めました。☆20200918

 

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

突然ではございますが、

私この度、「note」を始めることにしました。

f:id:ichiashi:20200913080938p:plain

noteはクリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、

ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。

(公式サイトより引用)

 

 

と言っても、別に今のこのブログを辞めるわけではなく、

これからは「はてなブログ」と「note」の両方を

皆様にお届けできたらと思っています。

 

使い分けについてですが、

何か新しいことを「note」で始めるわけではなく、

はてなブログ」と「note」どちらも

『走ること』について書いていきます。

 

この「はてなブログ」は基本今まで通り。

そして「note」では、文章がメインとなる記事を。

このブログで「思い出話」として書いてきた

過去の出来事や自分の気持ちを書いて行けたらと思っています。

 

「note」ではプロのライターさんもたくさん記事をアップされていて、

その中に私のような素人丸出しの文章を載せるのは、

中々勇気のいることなのですが、

特に飾ったりすることなく、自分は自分らしく、

ありのままの文章をお届けできたらと思います。

 

 

はてなブログ」と「note」の両立はできるのか、

使い分けはうまくいくのかなど、

考えないといけないことはたくさんあります。

ただ私の場合、これまでは

『考えて、悩んで悩んで、結局何もしない。』

ということが多かったので、

今回は『とりあえずチャレンジ!』

してみることにしました。

 

差し当たって「note」では、開始してしばらくは、

今まで当ブログで公開してきた記事の一部を手直ししたものを

載せていく予定です。

 

過去記事をまだご覧になっていない方はもちろん、

もうすでに読んでいるよ!という方も、

皆さまに読んでいただけたらうれしいです。

note.com

はてなブログ」と「note」。

どちらも今後ともよろしくお願いいたします。

 

  

最後に私事になりますが、

本日9月18日は、

私の44回目の誕生日になります!

 

おじさんの誕生日を祝ってくれる人なんてそうはいないので、

自分でここに書いちゃいました。

そうです。「おめでとう!」のカツアゲです(笑)。

 

 

ありがたいことに、

これまで怪我も病気も全くすることはありませんでした。

健康で丈夫な身体に産んで育ててくれた両親には

本当に感謝しています。

 

心配をかけたこともあったけれど、

私はこうして元気に毎日暮らしています。

これからもよろしくね。

 

 

 


ブログランキングに参加しています。
素敵なブログがたくさんありますよ♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

出場してみたいウルトラマラソン大会(後編)★20121021

 

初マラソンを完走してから数か月。

100キロを走る「ウルトラマラソン」の存在に気が付いた私。

 

その名も

「 えちご・くびき野100kmマラソン」。

echigo-joetsu.com

出たい!100キロ走ってみたい!

出場した人がみな絶賛している「えちご・くびき野」を走ってみたい!

 

しかし大会概要を確認すると、

なんとそこには「隔年開催」の文字が。

つい先日開催されたばかりということは、次は2年後。

 

長い。2年先というのは、あまりにも長い・・・。

 

そこで私は他にも100キロの大会があるのではないかと思い、

ランネットで調べる。

するとどうだろう、なんと全国各地にいろいろあるではないか。

 

・「サロマ湖100kmウルトラマラソン

saromanblue.jp

 

・「四万十川ウルトラマラソン

shimanto-ultra.jp

 

 

その中でも、私は次の大会に特に魅力を感じた。

・「いわて銀河100kmマラソン

www.iwate-ginga100.jp

・時期開催:毎年6月

・開催場所:岩手県北上市雫石町

・コース特徴:5kmで200mほど上る長い登り坂あり。

・レース時間:4:00~18:00(14時間)

 

大会の紹介動画があるのだが、観ると

私の故郷新潟を思い出させるような大自然溢れるコース。

素朴な温もりのある大会のよう。

 

まだフルマラソンを1回走っただけの自分が

100キロ走れるかどうかはわからないが、

来年6月にこの大会に出場することを頭に入れながら

練習に励むことにしよう。

 

 

その時ふと、ある疑問が浮かんだ。

『こんなに100キロの大会が全国各地にあるんだったら、

さらにもっと長い距離の大会もあるんじゃないだろうか?』

 

さっそくヤホーで調べると、いくつか出てくる。

『すごい!やっぱりあるんだ。』

そしてその中に、あるすごい大会を見つける。

 

それが、これだ。

f:id:ichiashi:20200912174232j:plain

https://sportsaid-japan.org/NEW/guide/20kawa-site.pdf

「川の道フットレース」

である。

 

まずは何と言ってもその「514km」という距離!

しかしそれよりも私を惹きつけたのは、そのコース!!

「東京 ⇒ 新潟」だ。

新潟は私の故郷。

東京は、私が子供のころから憧れ、

そして大人になった自分が実際に長い間暮らしている街。

 

『東京から新潟まで走って帰ることができたとしたら・・・。』

 

想像しただけでもいろんな思いが溢れてくる。

 

出てみたい。

 

この「川の道フットレース」に出場してみたい。

514キロなんて途方もなく長い距離を、

自分が走ることができるのか全くわからないけれど、

いつか走ってみたい。

10年後か、20年後か、きっといつの日か・・・。

 

 

 

ここまでいろんな大会を調べてきて、

最後にひとつ疑問が浮かぶ。

 

『日本で一番長い距離の大会ってなんだろ?』

 

 

調べた結果、見つかった。

日本最長とは特に記載されていないが、

まず間違いなく、これだろう。

 

「本州縦断・青森~下関1521kmフットレース」

https://sportsaid-japan.org/NEW/guide/20honshu-site.pdf

 

青森から下関。

1521キロ・・・。

制限時間30日間・・・・・・。

 

 

 

『無いな。』

 

 

『そもそも30日間も会社休めないし。

 

 でも定年退職後だったら・・・。

 

 

 いやいやいや、ムリ!』

 

 


ブログランキングに参加しています。
素敵なブログがたくさんありますよ♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

出場してみたいウルトラマラソン大会(前編)★20121021

 

念願だった初マラソンを6月に無事走り終え、

2回目のマラソンに挑戦することを決めた私。

 

本来であれば2月の東京マラソンに出場したいところであるが、

残念ながら落選。他の大会を探すことに。

今から申し込むとなると3月、4月の春の大会となる。

ならば以前にも一度候補に挙がった「板橋Cityマラソン」が

やはり一番いいだろう。家からも近いし、記録も狙えそうだ。

来月エントリー開始とのことなので、その時忘れずにエントリーすることとする。

 

とはいえ、もしかしたらもっといい大会があるかもしれない。

そう思った私は、初マラソンの大会選びでもお世話になった

「ランネット」

で大会を探すことにする。

runnet.jp

この中に「大会レポ」という項目がある。

実際に大会に参加した人の生の意見が書いてあるのでとても参考になる。

(現に、私の初マラソンとなった「東京喜多マラソン」はまさにその通り!であった。)

早速見てみると、ここ最近開催された大会のレポがたくさん上がっている。

 

その中のある大会名を見て、私は思わず自分の目を疑った。

見間違いではないかと思ったが、確かにそこにはこう書かれていた。

 

 

「 えちご・くびき野100kmマラソン」。

 

 

100kmマラソン

 

 

ひゃ、ひゃっきろ!?

 

 

100キロのマラソン大会なんて存在するのか?

ホントかよ?ウソだろ!?

 

 

そう思い、あわててそのレポの内容を確認する。

 

まず目に飛び込んできたのは、

「93.3点」

という、「みんなの総合評価」。

信じられない高評価だ。

こんな高得点って出ることがあるんだ!とビックリ。

 (ちなみに私の初マラソンの東京〇〇マラソンは52.5点)

 

次にレポートを見ると、

 

 

『国内No.1の大会』

『100K初挑戦をこの大会で出来た至福』

『完走できなかったけど感激です。』

『こんなすばらしいウルトラマラソンてあるんだ。』

『全く悪い所がありません。』

 

とこれまた信じられないぐらいの絶賛ぶり!

 (ちなみに私の初マラソンの〇〇喜多マラソンは『全てが良くない。』とのこと)

 

 

 

私はショックのあまり、しばらく茫然としていた。 

あまりに驚くこと、考えさせられることが多すぎたのだ。

 

まさか100キロのマラソン大会が本当に存在するなんて・・・。

なんでも

ウルトラマラソン

って言うらしい。

42.195kmのフルマラソンを「超える」ことからそう呼ばれているそうだ。

 

100キロマラソンと言えば、あれだ。

毎年夏に放送される24時間テレビのチャリティーラソン

あの、芸能人が足を引きずり、周りの大声援の中必死で走る。

あのイメージだ。

テレビの番組の中の事。ごく限られた人だけが挑戦できるもの。

そう思っていた。

 

それが実際に大会として開催されていて、

そして一般の人が多く参加している。

それも何年も前から開催されている。

 

全然知らなかった。

自分は全然知らなかった。

そんな大会が開催されていることも、

そこに大勢の人が参加していることも。

 

しかもこの「えちご・くびき野100kmマラソン」は

私の地元、新潟の大会だ。

自分の地元でこんな大会が・・・。

 

 

そして実際に大会に参加した人たちの声。

 

『こんなに心のこもった大会を私は他に知りません。』

『途切れることのない沿道からの応援。』

『ゴールに近づくにつれ涙が自然にあふれてきます。』

 

ラソンは「つらく苦しいもの」といったイメージからはかけ離れた感想が、

これでもかというぐらい大会レポには書き連なっている。

 

 

自分が今まで知らなかった世界。

想像もできなかった世界というのが、

ここには存在しているのだ。

 

 

「100キロ走るってどんな感じなんだろう?」

「ここまで絶賛される『えちご・くびき野100kmマラソン』って、

一体どんな大会なんだろう?」

 

数か月前にやっとの思いで42キロを走ったばかりの自分であったが、

頭の中はもう100キロマラソンのことでいっぱいだった・・・。

 

 

「 えちご・くびき野100kmマラソン

echigo-joetsu.com

・二年に一度、偶数年の10月に開催。

・開催場所:新潟県上越市

・コース特徴:標高300mほどの峠が4つ存在。

・レース時間

   100kmの部…5:30~19:00(13時間30分)
     60kmの部…8:00~17:00( 9時間00分)

 

(※2020年10月11日開催の大会は中止となっております。)

 

 


ブログランキングに参加しています。
素敵なブログがたくさんありますよ♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

NHK奇跡のレッスン「陸上・長距離」☆20200911

 

NHKで放送されています「奇跡のレッスン」。

www.nhk.jp

少し前になりますが、7月26日にNHK総合で放送されたのが

『はばたけ!子どもたち「陸上・長距離」』。

本放送時には前後編で放送されたものを1回にまとめた再放送です。

録画していたものを観たのですが、とてもよかったのでその内容をお伝えします。

 

 

 

『自分から苦しみを求めよう。結果はそのあとについてくる。』

 

世界選手権マラソン2連覇のアベル・キルイを始め多くのメダリストを育てた

世界的コーチ「レナート・カノーバ」(74歳)が

日本の中学生に1週間の特別レッスン。

最終日には東京都中学校駅伝大会に挑戦。

どんな結果が待っているのでしょうか?

 

 

特別レッスンを受けたのは東京都八王子市の公立中学校の駅伝チーム。

実力は平均より少し上ぐらい。

がんばってはいるが、中々成績が伸びないのが悩み。

 

そんなチームを訪ねて世界的な名コーチがやって来ます。

ラソン界の魔術師と呼ばれる「レナート・カノーバ」さんです。

 

 

『君たちの記録は2つのことの結果で表れる。

ひとつは才能。

でももっと大事なのはトレーニングのやり方。

本格的なトレーニングは苦しいが、

苦しみが大きいほど大きな達成感が得られる。』

 

 

レッスン1日目

「練習メニュー:1000mを3本」

 

『3000mの自己ベストを3で割ったタイムで走ること。』

(普段は1本ずつ全力で走る練習を繰り返している。)

 

『トレーニングでは常に1日の練習量を頭に入れておくこと。

最後まで力を使えるよう考えて走らなきゃダメだ。』

 

『3000mを最も速く走るためには、

自分の持っている体力を使い切らなければいけない。

そのためには自分の最適なペースを見つけることが大切。

その速さで練習を重ねていけばもっと長い距離も走れるようになる。』

 

 

レッスン2日目

疲労回復のため芝生での練習」

フォームが崩れやすい下りを走らせ、走りをチェック。

 

『かかとで着地しないこと。ブレーキがかかるから。

つま先で走るんだ。』

 

 

レッスン5日目

レッスン中繰り返し行われたのが、

短い距離を速く走る練習。

「練習メニュー:傾斜7度60mの坂道を全力で10本」

 

『マラソンは体の中の全ての力を使い切って戦う競技。

ハードなスピードトレーニングを行って速筋を鍛える必要がある。』

  

「レナート・カノーバ」さんは元イタリア陸上連盟コーチ。

54歳からケニアで指導を行ってきました。

これまでのヨーロッパとアフリカでの指導の様子について、

カノーバさんは次のように話します。

 

『「20キロを1時間以内で走れ」と指示したとする。1キロ3分のペース。

そのペースでは最後まで走れないため、ヨーロッパの選手は

少しペースを落として走ろうと考える。1キロ3分10~20秒で1時間走る。

しかし、アフリカの選手は1キロ3分を守り40分で止まるが、

気にしない。スピードの方が重要だと思うから。

驚いたことに、アフリカの選手のような練習を10回繰り返すと、

1キロ3分で1時間走れるようになる。

ペースを落として練習しても、できるようにはならない。』

 

この経験をもとにスピードを重視した新たな練習法を確立。

その後オリンピック・世界選手権などで48個のメダルを獲得。

カノーバさんはマラソン界の魔術師と呼ばれるように。

 

『速くなりたければ

速く走らなければならない。

速いスピードの練習はとてもつらいもの。

でも苦しさに慣れることができれば、

苦しみと共に前に進めるようになる。』

 

 

レッスン6日目

「駅伝大会の選手発表」

 

『レースを怖がらず、頭の中で苦しみを楽しむ覚悟を決めよう。

苦しみに向き合えば自分の力を知ることができる。

それに打ち勝つことで強くなることができる。

だから自分から苦しみを求めよう。

結果はその後についてくる。』

 

 

レッスン最終日

「東京都中学校駅伝競走大会」

女子 参加115チーム 距離12km 5区間

 

目標:20位以内 

結果:前年55位⇒15位

   49分36秒⇒46分22秒

 

『みんな上出来だ。よくやった。本当に素晴らしかった。』 

 

『仲間との連帯感を持ってチームのために全力を尽くす。

それは非常に価値のあること。

これからの人生にも生かしていってほしい。』

 

 

苦しみが次に進む一歩になる。 

 

 

 

世界的コーチの経験に裏打ちされた指導と、

その言葉を信じ、素直に従う子どもたち。

結果は見事なものでした。

 

もしできるのであれば、

自分も中学生のころに戻って陸上競技に打ち込んでみたい。

そう思ってしまいました。

 

でも過去を振り返ったところで過去に戻れるわけではありません。

自分が今できることをするのみです。

 

そんな私は本州縦断フットレースに挑戦します!

ichiashi.hatenablog.com

 


ブログランキングに参加しています。
素敵なブログがたくさんありますよ♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

まだ間に合う!「オンラインマラソン」が意外におもしろい!☆20200907

 

最近よく目にする「オンラインマラソン」。

なんとなく面白そうだな~と思いつつも、

でも別に普段の練習と変わらないから

参加するほどでも・・・と思っていた私。

 

そんな私もついにエントリーしました♪

それがこちら↓

f:id:ichiashi:20200906084238j:plain

実は私、この大会がオンラインで開催されることは知らなかったのですが、

他の方がブログで紹介して下さっているのを見て、早速エントリー。

紹介してくださった方、ありがとうございました。

 

というわけで、

この記事では今私が気になっている

オンラインマラソンを紹介します。

エントリーはまだ間に合います!

 

 

オンラインマラソンとは?

主催者が定める期間中に、参加者が好きな時間、場所を走りそれをGPS計測できる

スマホのアプリなどで記録。そのデータを主催者に送ることで順位等が決まります。

大会ごとに特色があり、ホームページを見ているだけでもおもしろいですよ。

 

 

いわて盛岡シティマラソン2020オンライン by TATTA

iwate-morioka-city-marathon.jp

開催期間:10月1日(木)~10月31日(土)

申込期間:10月30日(金)まで

参加料:無料

 

今回私がエントリーしたのがこちらの大会。

おすすめポイントはなんといっても、

参加料が「無料」

いろいろ経費がかかるでしょうに、

実にありがたい。

そして、

盛岡市の特産品が当たる!

しかもしかも、参加定員3,000名に対し、

賞品が当たるのが合計310名!

なんと10人に1人は当選!!

すごい!太っ腹!!

さらには、

都道府県別対抗戦実施!

都道府県別で平均走行距離が

一番多かった都道府県の参加者に、

オリジナルタオルがプレゼントされます!

これは画期的!!個人競技のマラソン

なんと団体種目の要素が!

私は個人的にこれが一番楽しみです!!

 

 

 

2020日本全国TATTAフルマラソン

alljapan-tatta-marathon.com

開催期間:10月31日(土)午前8時スタート

申込期間:未定

参加料:5000円

 

参加者が好きな時間に走ることができるのが

特色のオンラインマラソン

しかしこの大会はなんと

2020年10月31日 (土)午前8時 日本全国一斉スタート!!

参加定員はおそらく無制限。

オンラインだからこそできるこの大会。

日本全国、同じ時間にランナーが一斉に走ります! 

全国の仲間と特別な「今」を

共有してみませんか?

 

 

 

MAURTEN CHARITY MARATHON

googleads.g.doubleclick.net

開催期間:9月19日(土)~9月25日(金)

申込期間:9月13日(日)まで

参加料:3000円~

 

こちらの大会はチャリティーラソンとなっており、

売上金の一部が、日本赤十字社を通して医療機関へ寄付

されます。また、

日本のトップランナーも参加!

憧れのあの選手のサイン入りボトルが手に入ります!

 

 

 

サンスポマラソンチャレンジonline

www.sanspo-marathon.com

開催期間:随時開催中

申込期間:随時受付中

参加料:1500円

参加賞:スマホアームバンド

 

入金完了月含む6カ月間(末日まで)有効で、

期間中何度でもチャレンジ可能です。

記録はサンスポ公認記録として認定され、

記録成績の掲載は毎日更新されます。

 

 

 

袋井クラウンメロンマラソンリモートチャレンジ by TATTA RUN

www.fukuroi-melmara.jp

開催期間:9月27日(日)~10月10日(土)

申込期間:9月13日(日)まで

参加料:2500円

参加賞:スポーツフェイスシールド

完走証:フィニッシャー専用ムービー

※「クラウンメロン」が必ずもらえるクラウンメロンエントリーあり。

 

 

 

札幌マラソン2020 by TATTA

satumara.sapporo-sport.jp

開催期間:10月7日(日)~10月13日(火)

申込期間:10月1日(木)~10月10日(土)

参加料:2500円

参加賞:未定

完走証:フィニッシャー専用ムービー

 

 

 

2020長野マラソン希望RUN

www.naganomarathon.gr.jp

開催期間:10月12日(月)~10月25日(日)

申込期間:10月4日(日)まで

参加料:3000円

参加賞:長野県北信産りんご「シナノスイート」3個詰め合わせ

完走証:フィニッシャー専用ムービー

 

 

 

新潟シティマラソン リモートチャレンジ

runfes-niigata.com

開催期間:10月4日(日)~10月24日(土)

申込期間:9月13日(日)まで

参加料:2000円

参加賞:オリジナルフェイスマスク

完走証:フィニッシャー専用ムービー

 

 

 

東北・みやぎオンライン復興マラソン

fukko-marathon.jp

開催期間:10月3日(土)~10月17日(土)

申込期間:9月25日(金)まで

参加料:2500円

参加賞:復興メッセージムービー、開催自治体の特産品

完走証:フィニッシャー専用ムービー

 

※完走証として動画完走証が

登録メールアドレスに届けられるのですが、

フィニッシャー専用ムービーのサンプルがすごい完成度!!

ぜひ一度見てみてください!!

finisher.runnet.jp

このサンプル動画を見ていたら、

なぜか目から汗が・・・。

実際にみやぎの地を走っている気持ちになります。 

 

大会ホームページを見ていると、主催者の

大会への想い、東北・みやぎへの想いが、

それはもう、溢れるほどものすごく伝わってきます。

ぜひ、大会ホームページだけでも見てみてください

https://fukko-marathon.jp/online/

 

 

 

今回ここで取り上げた以外にも、まだまだ

たくさんの大会が全国で開催されます。

色々調べてみると、あなたにピッタリの

大会がきっと見つかるのではないでしょうか。

 

 


ブログランキングに参加しています。
素敵なブログがたくさんありますよ♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

ナイキ ズームフライフライニット レビュー【幅広の人、必見!】No.05☆20200905

 

ランニングシューズのレビュー、今回は公式サイトにてセール価格で復活販売中!

【ナイキ ズーム フライ フライ ニット】

f:id:ichiashi:20200905173345j:plain

NIKE ZOOM FLY FLYKNIT

 

発売日

 2018年10月11日

シューズ詳細

  • アッパー:Flyknit
  • ミッドソール:Reactフォーム
  • オフセット:10mm (前足部23mm、ヒール33mm

 

外観・特徴

Flyknitアッパーで軽量性と通気性を確保

f:id:ichiashi:20200905175122j:plain

 

可融性の糸で、重さを加えず耐久性とサポート力を強化

f:id:ichiashi:20200905175133j:plain

 

Nike Reactテクノロジーが滑らかで反発力に優れた履き心地を提供

f:id:ichiashi:20200905175139j:plain

 

フルレングスのカーボンファイバー製プレートを使用

f:id:ichiashi:20200905175148j:plain

f:id:ichiashi:20200905175153j:plain

 

ラクションパターンに異なる形状やサイズを取り入れることで、

安定感と地面を押す推進力が向上

f:id:ichiashi:20200905175159j:plain

 

Flyknitアッパーがグローブのように足にフィットし、超軽量のサポートを提供

f:id:ichiashi:20200905175234j:plain

 

 

重さ

f:id:ichiashi:20200905175248j:plain

257.1g (メンズサイズ27.5cm)

 

 

サイズ感

レビューしております私いちあしの足は「幅広」です。

詳しくはこちら↓

ichiashi.hatenablog.com

 

さて、そんな幅広の私。ジャストサイズは26.5cm。

その私がこのズームフライフライニットで選んだサイズは

「27.5cm」です。

 

正直、27.5cmで横幅はギリギリです。

フルマラソンを走ることを考えると、

小指にマメができる覚悟が必要です。

そのため、大会直前の練習での使用は控えた方がよいでしょう。

 

実際に履いた様子がこちら↓

f:id:ichiashi:20200905175255j:plain

足先は、指の先端がボールペンの下まで。

 

 

履いて、歩いて、走った感想

履いてみた。

 さすがはフライニット。足にぴったりフィットしてくれます。 

 締め付け具合はペガサス36よりきつく、

 インフィニティランよりもゆるい感じです。

歩いてみた。

 厚底感、特に踵が高い感じがして、歩きやすくはありません。

走ってみた。

 踵部分がゆるいため、最初はシューズが脱げるのではないか

 気になってしまいます。ただ実際には脱げそうになることはありません。

 慣れが必要かと思われます。 

 

個人的感想

 発売当初よりとても評判が良く、人気の高かったZFFKこと

 ズームフライフライニット。私が購入したのは今から一年前。

 11月のつくばマラソンに向けた最終兵器のつもりでした。

 ただそれまでアシックス、ミズノを愛用してきた私。

 初めてのナイキの厚底シューズに悪戦苦闘。

 そして大会当日は雨。シューズの横幅の狭さも気になっていたため、

 結局大会での使用は見送ることに。

 その後は本州縦断フットレースに向けた超長距離の練習に入ったこともあり、

 しばらく靴箱の中で眠っていてもらいました。

 

 今回レビューをするにあたって久しぶりに履いたのですが、

 まずはそのクッションの良さにびっくり!

 さすがはリアクトです。これならレース終盤まで脚はもつでしょう。

 そしてあのヴェイパーと同じカーボンプレートを内蔵!

 そのおかげでグイグイ前に進む感じがあります。

 

 去年履いたときには、良さがよくわからないというか、

 このシューズでの走り方がわからなかったのですが、

 この一年をペガサス36他いろいろなナイキのシューズで

 走ってきたせいか、このシューズの良さを実感することができました。

 

 なるほど、評判通りいいシューズです。

2020年8月の月間走行距離☆20200904

 

それでは2020年8月の月間走行距離がこちら↓

f:id:ichiashi:20200903212407j:plain

距離:189.22km   (ガーミンが不調のため練習メニューが一部文字化けしてます。)

 

ずっと痛かった腰もだいぶ良くなり、久しぶりにまずまずの距離が走れました。

そこで最近の月間走行距離を振り返ってみたところ、

 

 7月:106.5km

 6月: 89.38km

 5月:342.03km←

 4月:211.91km

 

5月の距離342キロって出てきて吹いた(笑)

なんでこんなに走ったんでしょ。腰、痛かったはずなのに。

全く覚えていません。

4月後半にブログを始めて、気合が入っていたんでしょうかね?

このときにしっかり休んでいれば、もっと早く治っていただろうに。

 

 

では8月の練習の内容を見ていきましょう。

まずはなんといっても平日20日中19日で帰宅ラン実施。

おそらく雨が降らなかったのが大きいと思いますが、

短い距離ながら毎回さぼらずよく走りました。

またその内容も、先月までは早歩きが多かったのが、

しっかり走っています。

塵も積もれば、ではないですが、今後も地道に続けていきたいです。

 

また休日は、20キロほどのジョグまたはLSDが恒例に。

そして先週末は久しぶりに1キロ5分25秒ペースという速いペースでの10キロ走。

腰が悪化しないか不安でしたが、翌日さらに3時間LSDをしても問題なし。

とりあえずは一安心です。

 

その腰の状態はというと、

以前は右足を踏み込んだときに、腰中央やや右側に刺すような痛みがあったのが、

今は無し。

ただ、まだ若干の痛み、違和感はあります。

腰の右だったり左だったり、背中の方だったり。

日によって痛む箇所は違うのですが。

早く良くなってほしいものです。

 

さて9月の練習予定ですが、

9月は例年雨が多いということもあり、

無理に距離を伸ばさず、まだまだあせらずじっくり行こうと思います。

大会本番に万全の状態で臨むのが何より重要ですから。