ナイキ ズームフライフライニット レビュー【幅広の人、必見!】No.05☆20200905

 

ランニングシューズのレビュー、今回は根強い人気のこちら!

【ナイキ ズーム フライ フライ ニット】

f:id:ichiashi:20200905173345j:plain

NIKE ZOOM FLY FLYKNIT

 

発売日

 2018年10月11日

シューズ詳細

  • アッパー:Flyknit
  • ミッドソール:Reactフォーム
  • オフセット:10mm (前足部23mm、ヒール33mm

 

外観・特徴

Flyknitアッパーで軽量性と通気性を確保

f:id:ichiashi:20200905175122j:plain

 

可融性の糸で、重さを加えず耐久性とサポート力を強化

f:id:ichiashi:20200905175133j:plain

 

Nike Reactテクノロジーが滑らかで反発力に優れた履き心地を提供

f:id:ichiashi:20200905175139j:plain

 

フルレングスのカーボンファイバー製プレートを使用

f:id:ichiashi:20200905175148j:plain

f:id:ichiashi:20200905175153j:plain

 

ラクションパターンに異なる形状やサイズを取り入れることで、

安定感と地面を押す推進力が向上

f:id:ichiashi:20200905175159j:plain

 

Flyknitアッパーがグローブのように足にフィットし、超軽量のサポートを提供

f:id:ichiashi:20200905175234j:plain

 

 

重さ

f:id:ichiashi:20200905175248j:plain

257.1g (メンズサイズ27.5cm)

 

 

サイズ感

レビューしております私いちあしの足は「幅広」です。

詳しくはこちら↓

ichiashi.hatenablog.com

 

さて、そんな幅広の私。ジャストサイズは26.5cm。

その私がこのズームフライフライニットで選んだサイズは

「27.5cm」です。

 

正直、27.5cmで横幅はギリギリです。

フルマラソンを走ることを考えると、

小指にマメができる覚悟が必要です。

そのため、大会直前の練習での使用は控えた方がよいでしょう。

 

実際に履いた様子がこちら↓

f:id:ichiashi:20200905175255j:plain

足先は、指の先端がボールペンの下まで。

 

 

履いて、歩いて、走った感想

履いてみた。

 さすがはフライニット。足にぴったりフィットしてくれます。 

 締め付け具合はペガサス36よりきつく、

 インフィニティランよりもゆるい感じです。

歩いてみた。

 厚底感、特に踵が高い感じがして、歩きやすくはありません。

走ってみた。

 踵部分がゆるいため、最初はシューズが脱げるのではないか

 気になってしまいます。ただ実際には脱げそうになることはありません。

 慣れが必要かと思われます。 

 

個人的感想

 発売当初よりとても評判が良く、人気の高かったZFFKこと

 ズームフライフライニット。私が購入したのは今から一年前。

 11月のつくばマラソンに向けた最終兵器のつもりでした。

 ただそれまでアシックス、ミズノを愛用してきた私。

 初めてのナイキの厚底シューズに悪戦苦闘。

 そして大会当日は雨。シューズの横幅の狭さも気になっていたため、

 結局大会での使用は見送ることに。

 その後は本州縦断フットレースに向けた超長距離の練習に入ったこともあり、

 しばらく靴箱の中で眠っていてもらいました。

 

 今回レビューをするにあたって久しぶりに履いたのですが、

 まずはそのクッションの良さにびっくり!

 さすがはリアクトです。これならレース終盤まで脚はもつでしょう。

 そしてあのヴェイパーと同じカーボンプレートを内蔵!

 そのおかげでグイグイ前に進む感じがあります。

 

 去年履いたときには、良さがよくわからないというか、

 このシューズでの走り方がわからなかったのですが、

 この一年をペガサス36他いろいろなナイキのシューズで

 走ってきたせいか、このシューズの良さを実感することができました。

 

 なるほど、評判通りいいシューズです。

 

 

 
 
新作のズームフライ3のレビューはこちら