初めてのランニングシューズ★20120317

一週間前、初めてのランニングでいきなり20キロを走った。

意外に順調に走れた。

それはよかったのだが、実はその後が大変だった。

翌日から丸三日間、ずっと膝が痛かった。

膝のどことかではなく、膝全体が左右両方とも

まるで熱を帯びたかのように痛いのである。

こんな経験は生まれて初めてで、とても不安になった。

幸い一週間たってなんとか治まったが、

今後また同じことにならないよう気を付けなければならない。

 

原因としては、まずは急に長い距離を走ってしまったことだろう。

最初はもっと短い距離から初めて、

それから少しずつ距離を伸ばしていくのがいいのだろう。

 

次にシューズだ。

今までのウオーキングの時に履いていたシューズで走ってしまった。

やはりマラソン用のちゃんとしたランニングシューズを買わなければならない。

ネットなどで色々調べたところ、

初めてのランニングシューズを選ぶ際には、

「初心者向けの、クッションの効いた厚底のもの」がいいらしい。

なるほど。あとは個人的には値段はやはり安いほうがいい。

最初から高いものを購入して、もし自分に合わなかったら大変だ。

 

というわけで今日は実際にスポーツショップにシューズを購入しに来た。

ランニングシューズが陳列されている棚を見ると、その種類の多さに圧倒される。

中央の目立つところには、高価な、速そうなシューズが並んでいる。

『自分もいつかこんなシューズを履いてみたいな。』

そう思いながら、初心者向けのシューズを探す。

 

色々見た中で、一足のシューズが目に留まる。

アンダーアーマー」のシューズだ。

初心者向けのクッションが効いたシューズで、値段もそこまで高くない。

それに気に入ったのがそのデザインとカラーだ。

青と黒の色合いがとてもきれいでオシャレだ。

早速試着させてもらう。

しかし実際に履いてみると幅が狭い。

店員さんに聞いてみると、シューズによって幅の広さというものは違うとのこと。

そして私の足は幅広なので、ワイドタイプのシューズがいいらしい。

というわけでワイドタイプのシューズを見てみるが、

まず何よりそのワイドタイプ自体の数が少ない。

それにカラーも地味なものが多く、どれもピンとこない。

 

気に入ったものが見つからなかったので、

先ほどのアンダーアーマーのシューズをもう一度履いてみる。

しかしやはり窮屈だ。かといってサイズを上げると長さが合わない。

これで42キロ走ることを想像すると、かなり不安だ。

 

そんな中、ふとある一足のシューズが目に入る。

棚の一番下の段の目立たないところに置いてあった「アディダス」のシューズだ。

カラーは真っ黒。お世辞にもオシャレとは言えない。

しかし「ワイドタイプ」と表示されている。

『ま、一応履いてみるか。』

そう思い、期待せず履いてみる。

するとどうだろう。

なんと私の足にピッタリだ!!

足先がメッシュになっていて指も痛くない。

歩いてみると体ごと前に押し出してくれる感じがする。

シューズによってこんなにも履き心地が違うのかと驚かされる。

しかも値段もお手頃だ。

『これで決まりだ。』

こうして私の初めてのランニングシューズが決まった。

adidas Response CSH 20だ。

 

棚の隅の方に置いてあった、見た目もタイプではないこのシューズ。

でも自分に合ったシューズ、自分だけのシューズを見つけた気がして

とてもうれしかった。

 

会計を済ませ品物を受け取った私は、それを大切に抱え、

笑顔で誇らしげに帰宅した。

 

f:id:ichiashi:20200614212525j:plain