東京喜多マラソン1「ドキドキの初マラソン前夜」★20120602

 

ラソンに挑戦することを決意してから早3か月。

ここまで色々あった。

ichiashi.hatenablog.com

 
ichiashi.hatenablog.com
ichiashi.hatenablog.com

 

そしていよいよ明日に迫った東京喜多マラソン

 

ラソン大会には、出場前にゼッケン等を受け取るための受付が必要な大会と、

それらが事前に送付されるため受付不要な大会とがあり、

この大会は受付が必要であった。

そしてその受付は、大会前日もしくは当日のどちらか好きな方が選べ、

私は今日は仕事が休みのため、前日受付に行くことにした。

当日は混むであろうことと、大会会場周辺の下見ができるからだ。

 

自宅最寄り駅から日暮里まで行き、舎人ライナーに乗り換え足立小台で降りる。

早速トイレをチェックする。

きれいそうでよかったが、数が少ない。

明日使うようであれば並ばないといけないだろう。

 

会場に向かう。駅を出てすぐ河川敷に出ると、

あとは荒川の土手沿いにまっすぐだ。

およそ1.5キロ。歩いて15分といったところか。

私以外にも前日受付に来たらしき人がちらほらいて、

後について行って同じように受付を済ませる。

ゼッケンと参加賞を受け取った。

そしてまた来た道を引き返し、帰宅する。

 

f:id:ichiashi:20200726205406j:plain

 

家に着き、改めて参加賞を確認する。

まずはトートバッグ。ぱっと見、なかなか良さげであるが、

「大会名、主催者名、電話番号」がばっちり印刷されている。

まあ、それはいいとしよう。

しかしその印刷が微妙に、いやはっきりと斜めにずれている。

バッグには縦横に模様のように線が入っているため、そのずれが際立っている。

なぜだ、なぜなんだ。誰もおかしいとは思わなったのか。

そんな細かいことは気にしない大らかな主催者なのか。なるほど。

 

そしてタオル・・・い、いやこれは手拭いだ。

びっくりするぐらい生地が薄い。

まるで昭和の銭湯を思い起こさせるような薄い生地

そう、これはタオルではなくあくまでも手拭いなのだ。

なるほど、これで大会後に銭湯に行けということか。

大会協賛に「湯屋わっしょい」とある。

納得だ。

 

前回大会のレポにあった、「クオリティの低い参加賞」。

なるほど。これがこうということは、他のレポも・・・。

明日が楽しみだ。

 

 

明日着ていく物、シューズも準備する。

シャツにゼッケンを付ける。

初めての経験だ。

いよいよ明日、私はマラソン選手になるのだ。

少しずつ実感が湧いてくる。

 

そして一番大切なシューズ。

これまでずっと履いてきたアディダスのレスポンス。

しかしこの3か月間の練習ですっかり靴底がすり減ってしまい、

クッションも衰えてしまったようだ。

そのため、全く同じシューズの色違い、新品の白のシューズを少し前に購入していて、

それを大会で履くことにした。

 

気持ち的にはこれまで3か月間、苦楽を共にしてきた

黒のシューズで走りたかったのだが、

『俺のことはもういい。明日は新品の白で思う存分走ってくれ。』

と黒シューズが私に語りかけてきている気がして、

その言葉に甘えて白の新品の方にすることにした。

色違いとはいえ、全く同じシューズ。

黒の分までしっかり走ってくれることだろう。

 

さて、明日の天気が気になる。

予報では雨っぽい。

雨の中走った経験はほとんどない。

雨の中42キロ走ることを想像すると不安になってくる。

しかし、どんな天気であろうとやるしかない。

 

布団に入る。

緊張して眠れそうにない。

しかし、以前どこかで読んだ、

「眠れなくても気にするな。

 目を閉じて横になっているだけでも、体の疲れは充分取れるから。」

という言葉を思い出す。

 

そっと目を閉じる。

 

いよいよ明日、マラソンデビューだ。