一年後の明日、青森から下関まで走ります!!

2021年4月24日、本州縦断フットレースに挑戦します!

日本選手権長距離をテレビ観戦しての感想☆20201205

 

昨日12月4日に開催されました

「第104回 日本選手権長距離」

ichiashi.hatenablog.com

 

皆さんもご覧になりましたか?

すごかったですよね!

 

まずは女子5000m。

優勝は田中希実選手。

駅伝であれだけ強さを見せつけた廣中選手を最後かわしてゴール!

さすがです。

廣中選手も素晴らしい走りでした。

1歳違いのこの両選手は、この先も幾度となく優勝争いをしていくのでしょうね。

気が早いですが、次の直接対決が今から楽しみです。

その次っていうのはやっぱり、東京オリンピックですかね!

 

 

次に女子10000m。

優勝は新谷仁美選手。

この結果は多くの人が予想していたでしょうが、

その内容が凄すぎでした。

今までの日本記録を大幅に更新する新記録!

なんと3位の選手まで周回遅れに!!

 

私が印象に残ったのは、新谷選手がゴール後真っ先に

同じ積水化学の佐藤早也伽選手に駆け寄り、

おそらくは感謝の言葉を伝えていたところ。

こちらの日刊スポーツの写真のシーン。

www.nikkansports.com

 

新谷選手のために2000mまで佐藤選手がペースメークしたとのこと。

新谷選手の表情から、気持ちがとても伝わってきます。

チームメイトとともにつかんだ今回の日本新記録での優勝。

おめでとうございます!

 

その佐藤選手も自己記録を更新しての3位!

次こそは、ですね。

 

 

そして男子10000m。

やってくれました、相沢晃選手。

並みいる実力者を置き去りにして、なんとなんと

五輪参加標準記録を突破する日本新記録で優勝!!

一気に代表内定を勝ち取りました。

 

相沢選手と言えば箱根駅伝での激走が記憶に新しいのですが、

あっという間にオリンピック代表に。

来年の大会での活躍が楽しみです!

 

 

代表内定の3選手。おめでとうございます!!

出場された選手のみなさん、お疲れ様でした。

 

昨日の放送を見逃した、という方。

日本陸連YouTubeチャンネルで

昨日の大会の模様が配信されています。

www.youtube.com

 

私は昨日はテレビでの観戦でしたが、

本当はスタジアムに行きたかったです。

駅伝やマラソンだと、選手が一瞬で目の前を通り過ぎちゃうけど、

トラック種目だと何回も見られるからいいですよね。

しかも有名選手があんなにたくさん!(完全にミーハー目線です笑)

東京で休日に開催してくれてたら絶対に行ったのに!

 

まだ未経験の陸上競技観戦。

早く行ってみたいものです。

 

 

さてさて、明日は福岡国際マラソン

川内選手の気迫あふれる全力の走りに注目です!