「新春!芸能人対抗駅伝」を徹底分析。今年もおもしろかった!!☆20210110

 

みなさんもご覧になりました?

駅伝ですよ、駅伝!

12月30日の富士山女子駅伝

1月1日のニューイヤー駅伝

1月2日の箱根駅伝

そして1月3日。

年末年始の各駅伝中継を締めくくるこの大会!

まさかあのチームが最後大逆転で優勝するなんて!!

 

そう、

芸能界駅伝日本一決定戦

新春!芸能人対抗駅伝

f:id:ichiashi:20210103115813j:plain

 

12名の芸能人が本気で激走!

熱い戦いが繰り広げられたので、その内容をまとめてみました。

 

 

第1回放送は2019年1月1日。

新春!芸能人対抗駅伝 2019

www.tv-tokyo.co.jp

【出演者】

森脇健児猫ひろし東国原英夫ボビー・オロゴン塚田僚一(A.B.C-Z)、鈴木亜美、おのののか、福島和可菜中村静香久松郁実井上咲楽、eyeron(Sonar Pocket)、千葉真子

 

 

 

第2回放送は2020年1月3日。

新春!芸能人対抗駅伝 2020

www.tv-tokyo.co.jp

◆3チームのキャプテン
森脇健児猫ひろし内藤大助
◆実力派のランナーたち
塚田僚一A.B.C-Z)、小島よしお、eyeron(Sonar Pocketヴォーカル)、福島和可菜水野裕子金田朋子井上咲楽、AYA、ほのか
解説:千葉真子
実況:野沢春日(テレビ東京アナウンサー)

 

 

 

そして今年で第3回目。

あのお正月の風物詩「箱根駅伝」の興奮も冷めやらぬ中、

テレビ東京で2021年1月3日14時から放送されました。

新春!芸能人対抗駅伝 2021

www.tv-tokyo.co.jp 

tver.jp

 

番組情報

オンエア情報
東京オリンピックが開催される2021年正月。脚に自信のある芸能人が4人1組の3チームで埼玉県秩父路30kmのアップダウン激しい過酷な周回コースで熱き戦いを繰り広げます!

出演者1
【チーム猫】
1区 井上咲楽
2区 橋本良亮(A.B.C-Z)*初出場
3区 AYA
4区 猫ひろし
【チーム森脇】
1区 福島和可菜
2区 大家志津香(AKB48)*初出場
3区 後上翔太(純烈)*初出場
4区 森脇健児

出演者2
【チーム魔裟斗
1区 魔裟斗 *初出場
2区 金田朋子
3区 ほのか
4区 eyeron(Sonar Pocket)

実況:野沢春日(テレビ東京アナウンサー)
解説:千葉真子

見どころ1
★走るのは、芸能界を代表するランナー、オリンピアン、格闘家をキャプテンに、お笑いから、アイドル、アーティスト、モデル、カリスマトレーナーまでバラエティあふれた個性派ランナーたち。どのチームが勝つかは予想不可能!
★過去2回、怒涛の追い込みを見せながら、まだ優勝を経験していない猫ひろしチームの初優勝なるか?

見どころ2
★各チームが、どうランナーを配置し、急こう配の「ミューズの丘」などトリッキーなコースをどう攻略するのか?
★新メンバーとして、魔裟斗、純烈・後上、AKB48・大家が参戦。未知の秘密兵器の走力は?
★女の戦いにも注目。AYAやほのか、元自衛隊福島和可菜など、鍛え抜かれたボディと美しい走りからも目が離せない!

 

 

コース

秩父ミューズパーク(ミューズの泉)発着。

1周10kmのコースを3周。

区間4区30km(第1区10km・第2区5km・第3区5km・第4区10km)

前半5kmが急激な下り。

後半5kmが急激な登り(ミューズの坂 最大勾配13.1% あの箱根並み!)。

最高標高408m。

最低標高201m。

 

 

 チーム・選手紹介、使用シューズ

※名前の後の数字は年齢

チーム森脇】「もうダメだは まだダメだ
1区 福島和可菜(38) フルPB 2時間57分51秒 ヴェイパーフライ
2区 大家志津香(29) フル未経験      ? (adidas)
3区 後上翔太    (34) フル未経験      GO RUN FAST (SKECHERS)
4区 森脇健児    (53) フルPB 4時間11分39秒 Feidian (Li Ning)

 

チーム猫】「三度目の正直
1区 井上咲楽 (21) フルPB 3時間53分16秒 GEL-DS TRAINER 24
2区 橋本良亮 (27) フル未経験       タンジュン (NIKE)
3区 AYA          (??) ハーフ経験あり     Speed TR2.0 (Reebok)
4区 猫ひろし (43) フルPB 2時間27分48秒 ヴェイパーフライ

 

チーム魔裟斗】「優勝以外は全部負け
1区 魔裟斗     (41) フルPB 3時間51分14秒   アルファフライ
2区 金田朋子 (47) フルPB 3時間59分40秒   ヴェイパーフライ
3区 ほのか     (24) ハーフPB 2時間10分50秒  adizero tempo 3w
4区 eyeron     (??) フルPB 2時間43分45秒    アルファフライ

 

 

注目ポイント

◆なんといっても並々ならぬ意気込みの各キャプテン。

 ・猫ひろし

  『ここでステップアップして、東京オリンピックで勇姿を見せる。』

 
 

 ・魔裟斗

  『体脂肪6%まで絞ってきた。』

  『世界タイトルマッチに挑むぐらいの気持ちで仕上げてきた。』

 

 

 ・森脇健児

  『(年齢は最年長だが、)老化ではない。進化だ。』

  『今年は「走るのではなく 走らせていただくんだ」です。』

 
 

◆過去2回は登りの5kmを担当し快走。今回初の10km区間に抜擢された井上咲楽

◆コロナ自粛期間始まってから8kg太った。AKB人生を賭ける大家志津香

◆2年連続の対決となるAYAほのか。前回は登り区間ほのかの勝利。今年は下り区間での対決。果たして結果は。

◆実業団なみの走力の福島和可菜eyeron。実力者の金田朋子。初出場の後上翔太橋本良亮。その実力のほどは。そしてチーム猫の初優勝なるか?

 

 

 

 

猫ひろし & eyeron  実況生配信

今回の放送に合わせて、YouTubeにて猫ひろしさんとeyeronさんの実況生配信がありました。

しかもこの生配信が当日13時開始。番組は14時からなのに!

というわけで、最初1時間は箱根駅伝の実況生解説に。

こちらも合わせてどうぞ。

www.youtube.com

 

 

レース展開、ラップタイム(※以降、ネタバレあり)

【気象状況】

天候 曇り

気温 5.5℃

湿度 22%

風向 北

風速 2.6m/s

 

名前の後はチーム通算タイム。

ラップタイムは1kmから順に。

各選手とも、最終ラップは表示されなかったため不明。

 

【1区】

スタートから魔裟斗が抜け出し、途中まで独走。

福島和可菜が7kmすぎに魔裟斗を追い抜き、そのまま差を広げトップで襷渡し。

序盤飛ばしすぎた井上咲楽は後半失速し、悔しい結果に。

 

1.福島和可菜 0:41:24

 4:18 3:55 3:51 3:48 3:51 4:28 4:43 4:21 4:05「平均4:08」

(タイム差 0:46)

2.魔裟斗 0:42:10

 4:17  3:52 3:54 3:48 3:51 4:25 4:41 4:35 4:32「平均4:13」

(タイム差 3:22)

3.井上咲楽 0:45:32

 4:18 4:05 3:42 3:47 3:58 5:08 5:21 ? 5:18「平均4:33」

 

 

【2区】

1.4kmで金田朋子大家志津香を抜きトップに。その後も差を広げる。

スタートが良かった橋本良亮は腹痛が発生し、差を詰めるも3位のまま。

大家志津香はゴール後、『どうしようもできなかった。』と涙。

 

1.金田朋子 1:05:28

 5:09 4:45 3:46 4:43「平均4:40」

(タイム差 3:20)

2.大家志津香 1:08:49

 5:39 5:45 4:47 5:11「平均5:29」

(タイム差 0:16)

3.橋本良亮 1:09:04

 4:30 4:48 5:01 4:15「平均4:42」

  

 

【3区】

序盤1区のランナーを上回るペースで入った後上翔太しかし登りで失速。

同じくAYAも最初の1kmは良かったものの、登りでは足が止まる場面も。

一方、ほのかは一定のペースで見事な走り。トップでアンカーに襷を渡す。

1位と2位の差が縮まり、3位はだいぶ差が開く展開で最終区へ。

 

1.ほのか 1:32:33

 5:23 5:37 5:38 5:18「平均5:25」

(タイム差 0:40)

2.後上翔太 1:33:13

 4:28 4:32 5:52 4:54「平均4:53」

(タイム差 3:53)

3.AYA 1:37:07

 4:58 6:16 5:55 5:38「平均5:36」

 

 

【4区】

序盤から森脇健児が積極的に飛ばし、2.5kmでトップに。

『突っ込むだけ。後先考えない。勝つにはそれしかない。』

4.1kmでeyeronに抜かれるものの、4.9kmで抜き返し再びトップに。

 

一方、圧倒的なスピードで1kmごとに30秒ずつ差を縮めていく猫ひろし

5kmの中間地点でトップとは1分11秒差。

このままいけば8km付近でトップに追いつく計算。

 

登り区間に入り、ペースの落ちる森脇健児

5.9kmでeyeronが先頭に。

6km過ぎには猫ひろしが2位に浮上。

そして6.6km地点。ついに猫ひろしeyeronに追いつき、

以降、抜きつ抜かれつのデッドヒートに。

 

9km過ぎで猫ひろしが3度目のスパート。

しかしこれにも付いていくeyeron

最後は僅差で猫ひろしがトップでゴール。

4秒差でeyeron

最後に遅れて森脇健児がゴール。

 

1.猫ひろし 2:12:01

 3:30 3:31 3:02 3:04 3:10 3:45 3:49 3:51 3:47「平均3:30」

(タイム差 0:04)

2.eyeron 2:12:05

 3:58 4:28 3:54 3:34 3:45 4:36 4:09 3:51 3:48「平均3:57」

(タイム差 5:27)

3.森脇健児 2:17:32

 3:36 4:20 3:42 3:34 3:47 4:38 5:25 ? ? 「平均4:26」

 

 

 

終結

【チーム成績】

優勝:チーム猫   2時間12分01秒

  2位:チーム魔裟斗 2時間12分05秒

  3位:チーム森脇  2時間17分32秒

 

区間賞】

※数字は区間平均タイム

1区 福島和可菜(4分08秒)

2区 金田朋子    (4分40秒)

3区 後上翔太    (4分53秒)

4区 猫ひろし    (3分30秒)

 

【個人成績】

※数字は区間平均タイム

1区 福島和可菜(4分08秒)
2区 大家志津香(5分29秒)
3区 後上翔太    (4分53秒)
4区 森脇健児    (4分26秒)

 

1区 井上咲楽(4分33秒)
2区 橋本良亮(4分42秒)
3区 AYA         (5分36秒)
4区 猫ひろし(3分30秒)

 
1区 魔裟斗    (4分13秒)
2区 金田朋子(4分40秒)
3区 ほのか    (5分25秒)
4区 eyeron    (3分57秒)

 

 

番組を観ての感想

芸能人の本気の走りが見られるこの芸能人対抗駅伝。

最初の1kmの入りが4分17秒。

これだけでこの大会のレベルの高さがわかります。

 

結果はチーム猫の初優勝。おめでとうございます!

ラソン関連の番組でいつも無茶ぶりされる猫ひろしさん。

今回は無事優勝ということで、よかったです。

 

森脇さんは最初飛ばしすぎたとのことですが、

平坦な1kmを3分36秒ですからね。

53歳でこの速さで走れること自体がすごいです。

 

そして魔裟斗さん。仕上げてきたとの言葉通り、

10kmを平均4分13秒ペースで走り切りました。

筋肉質な身体のため、きっと遅いのでないかと私は思っていたのですが、

その予想を覆す圧巻の走り!

私が選ぶ今回の大会MVPです!!

もっと鍛えればフルマラソンも相当速く走れそうですね。

 

他の皆さんも素晴らしい走りでした。

今回で3回目のこの芸能人対抗駅伝。

ぜひ来年も、そして5年後も10年後も末永く毎年観たいです。

今後は”区間新記録!”なんて表示もあると更に盛り上がりますよね!

(もちろん、ピコーン!ピコーン!の効果音付きで!)

 

大学生駅伝の男子は箱根。女子は富士山。

そして芸能人は秩父!!

というふうに年末年始の恒例番組になってほしいです。

よろしくお願いします、テレビ東京さん!!