ドキュメント72時間「ワークアウト!眠らない巨大スポーツジム」を観て☆20200829

 

NHKで毎週金曜22時45分より放送されている「ドキュメント72時間」。

8月7日放送分の「ワークアウト!眠らない巨大スポーツジム」が

本日再放送されました。

f:id:ichiashi:20201230141917j:plain

www4.nhk.or.jp

 

本放送時に観ようと思っていたにもかかわらず見逃してしまっていたため、

今回の再放送は実にありがたかったです。

観てみると思っていた通りの中々胸に来る内容だったので、

ここに記します。

 

 

今回の舞台は、東京・原宿にある24時間営業の巨大スポーツジム。

 

パーソナルトレーナー

 『いい体で死にたいっていうのが一番ですかね。』

美容師

 『昔100キロのただのデブのおじさんが日本一になれたらすごいじゃないですか。』

外科医

 『いずれは自分もおなかを切られる可能性もあるけれど、

 そういったときに恥ずかしくない体にしたいなと。』

 

一体何が彼らをそこまで駆り立てるのか。

筋肉に包まれた胸の内を覗いてみた。

 

グラフィックデザイナー 54歳

 『ちょっときついプレゼンの前とか苦手なお客さんのところに行く前に

 ガンガンやると、すごいポジティブな感じで行ける。』

事務職 59歳

 『子育てしているときは忙しくなんにもできなかった。してなかった。

 今は楽しいかな。』

幼稚園勤務

 『ベンチプレス日本記録も取ったし、ボディービル学生2位までいったし、

 人にここまで評価してもらえるっていうのはこれしかないっていうのもある。』

メーカー経理

 『海外の大学だったが、ちっちゃいと周りが結構ばかにしてくるので、

 やってたらハマってましたね。』

パーソナルトレーナー 28歳

 『中学のときのいじめが大きいかもしれない。変えてやろうと思って、

 筋トレとダイエットを同時に始めて。成人式のときに、同じ中学、クラスの

 女子に気付かれず。それだけ変わったんだなと思って。

 いじめられてたやつをなんとか見返してやろうとか、ポジティブではない

 ところから始めて、もうずっとこの気持ちなんだろうなって。

 それが気付いたらどんどんポジティブになってる。

 今は筋トレすることによって自分の体が変わって内面も変わって。

 だんだんやってて変わる自分が楽しくなってきた。』

銀行員 28歳

 『もともとモテたくて筋トレを始めた。気付いたら女性とごはん行くのも

 ダイエットの邪魔になるな、みたいな。本末転倒でこっちの方が楽しくなった。』

ジム歴30年の76歳

 『健康のためにマラソンを始めた。1番長い大会は165キロ完走。

 最初は10キロも走れなかった。自分でリミットをつくっている人が多い。

 いろいろやってみると意外と能力はあるんだなという感じはする。』

歌手 42歳

 『昔片思いしてた人がグラマラスな人が好きだったから、トレーニングして

 頑張ろうと思って。それからトレーニングにハマって、ずっと。』

通信会社 40歳

 『職場と家を往復するだけの生活を変えようと。ジムは1人でお金さえあれば

 できる。1人が楽。あんまり人間が好きじゃない。みんな本音じゃない。

 ストレスがたまる。ジムは居心地がいい。ただジムは人が少ないところはだめ。

 人が嫌いだけど人がいないところは嫌。個人が個人でいる空間がすごく性に合う。』

この日ジムに入会した30歳

 『うつ病になり会社を退職。友人がバリバリ働いているのを見ると、

 置いて行かれている感が半端じゃない。自分がどう見られているかっていうのを

 考えるとやっぱり恐怖。ジムにいる人たちみんな体ゴツイ。その人たちを見てると

 楽しい。こういったところに来れば変わるかもしれない。』

司法書士 36歳

 『もともと司法試験の勉強をしていて、でも全然だめで。

 そこでもうかなり長い時間を使った。勉強していた20代は

 自分の思っていることじゃないことをしているのがつらかった。

 人生の浪費。長い時間使っちゃったなって。

 今、ジムに通うことで取り返しているっていうのはあるかなと。』

 

なりたい自分になるための長い道のり。

そのスタートに遅すぎることなんて、ない。

 

 

私自身はジムに通ったことはなく、以前からジムがどんなところか興味津々。

それは体を鍛える場所としてどんなところかという意味と、

そこにどんな人たちがいるのかという意味でも。

 

思っていた通り、

一人ひとりみんなにジムに通いだしたきっかけがあり、目標がありました。

 

ジムに通って体を鍛えることっていうのは、本来、

人生には必要ではないことだと思います。

 

でもそれをわざわざするからには、

そこにはそれ相応の深い理由、気持ちがあるんでしょう。

 

私の場合はジムではなく趣味でマラソンをしているのですが、

毎回練習で外を走るたびに、ランニングやウォーキングをしている方と

すれ違います。

きっと人の数だけ想いがあるんでしょうね。

 

 

私もなりたい自分になるため、日々走っています。

そしてそのひとつの集大成がこの本州縦断フットレースです!

ichiashi.hatenablog.com

 

自分の人生は自分で変えてみせます!!